伝統的な木の直線美を生かす

【受賞】東北増改築コンクール最優秀賞

 

 

 

 

 

 

《お客様からの相談》

奥様がこの家に住むようになって感じたことは、この家の持つ「重み」でした。大正13年築で、歴史の重みもありますが、惜しげもなく使われた太い柱梁、重厚感と格式のある玄関、漆塗りの戸、座敷の板戸、・・・・・のそれぞれにご先祖様の「本物」へのこだわりです。

しかし、家としての「重み」はあっても生活する上では暗く寒いし、ことに台所は使い勝手も悪く、風呂、トイレも直し、土台もボロボロで、直し、丈夫にしたいとのこと。

《設計者としての提案》

  1. 本物は本物として再生
  2. 伝統的な期の美しさを生かし、気の持つ直線美を表現
  3. 水廻り、キッチン、風呂、トイレは使い勝手よく、合理的ではあるが、ゆとり、安心をもたらす「遊び心」の空間を大切に機能性の高いリフォーム
  4. 寒くなく、明るさを取り入れ、夏は風通しよく涼しく
  5. 100年以上住める家にする

《お客様からのご要望》

  1. 極力お金をかけないでこの提案を実現
  2. リフォームをしない客間、仏間等の部分と、リフォーム増改築部分と調和をはかってほしい。

《施工後のお客様からの声》

《我が家は、お客様が多く、板の間はホテルで言えばフロントロビーです。冬のなると、いろりを囲んで郷土の鍋料理をいただけます。宅急便のお兄ちゃんは、「ここにくると郷里を思い出す。少し休ませてください。」と、知人の中には「民家も再生すればこんなに素晴らしくなるんですね。もっと早く見ていれば、我が家も壊さずにこうしたかった。」と悔しがる人もいます。

板の間の千本格子戸は、夏になると格子の部分を外します。風が通り抜け、夏は我が家はエアコンはいりません。》

奥様様 「お父さん、この家のリフォームを採点したら何点かしら」

ご主人様 「そうだな、技術点、芸術点とも満点だな」

 

《まとめ》

再生に当たっては、古さだけの表現でなく、いかに住みやすくするか機能性と耐久性の向上に努めました。

 

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP