既存住宅状況調査を行いました。

少し前の話になりますが、既存住宅状況調査を行いました。

既存住宅状況調査とは

平成30年4月1日から始まったもので、
既存住宅(つまり中古の住宅)の取引の際に宅地建物取引業者(不動産会社)との媒介契約書面に建物状況調査をするかしないかを書面を交付して説明しなくてはいけない。

という、宅地建物取引業法によるものです。

既存住宅状況調査をするものは既存住宅状況調査技術者と呼ばれ、国土交通大臣の登録を受けた既存住宅状況調査技術者講習の修了証明書を有する建築士と定められています。

シーモワオカダデザインには現在、既存住宅状況調査技術者が2名在籍しております。

既存住宅状況調査では

既存住宅状況調査(インスペクション)は、
・構造耐力上主要な部分(基礎、壁、柱等)に生じているひび割れ
・屋根、外壁等の雨漏り等の劣化事象・不具合
・耐震性に関する書類の確認
をし、住宅の状況を目視、計測等により調査するもの(非破壊)です。

(破壊検査、瑕疵の有無の判断、建築基準関係法令への適合性の判定等は含みません。)

既存住宅状況調査は住宅の状態を第三者の立場として客観的に判断する指標となります。
調査後、調査報告書をお渡しいたします。

調査費用等、詳しい内容についてはシーモワオカダデザインまでお問い合わせください。

関連記事

  1. ロビー
PAGE TOP