時がゆっくり流れるモダンな家

第十三回全国リフォームコンクール 住宅金融公庫総裁賞受賞の家。

構造材には手を加えず、床を直し、壁を作り、もともとあった梁を生かしながら間取りを変更したことで、築140年の農家がモダンな印象に生まれ変わりました。

「和洋どちらにも合うし、飽きはこないね」とご主人。「土間だった部分がリビングになって、生活しやすくなりました」と奥様。
瞬時にして時の流れがゆるむ、スローライフのような心地よさのある家です。

古民家再生リフォームを手掛ける美郷町シーモワオカダデザインの古民家リフォームです。

関連記事

PAGE TOP