© 株式会社シーモワオカダデザイン All rights reserved.

大切に住み継がれる家

大切に住み継ぐことが、ご先祖様への供養と考え、大正年間からの間取りを生かして改築を行った十五代目の当主。

写真のダイニングキッチンにあたる部分は、もとは土間。昔ながらの戸障子や和家具が、不思議なほど今の生活にとけ込んでいる。改築後に購入したのは中央のテーブルセットのみだという。

古民家の持つ包容力に、当主も「面白みがあるし、家にいる時間が楽しい」とご満悦だ。

古民家再生リフォームを手掛ける美郷町シーモワオカダデザインの古民家リフォームです。

関連記事

20184/7

ネコと一緒に住む二世帯住宅のお家

3匹の猫ちゃんと仲良く一緒に…

20182/2

古民家工房のご案内

120歳の古民家が快適住宅によみがえる

素は茅葺の平屋の民家でした。 長い年月の間に、屋根をトタンに葺き替えたりと改装はしておりましたが、 今後住み続けるために、 ・雪国…

201712/4

わくら不動産(グループ会社)のご案内

201711/22

自然素材のこだわりの家

ページ上部へ戻る