いつまでも住み続けたくなる家

古民家現地再生

元々は、茅葺きの屋根に瓦をかぶせた重厚な古民家でした。

お施主様は今後もこの家に住み続けたいというご希望があり、将来的なことを考えて冬の寒さを解消し、モダンで明るい古民家にすることとしました。

玄関から、台所・居間・生活空間の導線を見直し、断熱材を施工。

茅葺きの屋根は維持管理の面から考えて小屋組みから改修して、カラーステンレス鋼板葺きに変更しました。

居間と台所はワンルームとし特にキッチンはご要望に合わせて、当社の得意分野である飲食店舗の知識を生かし、収納、シンク等の全てのレイアウトをミリ単位で設計させていただきました。

リビングの八角の大黒柱はもともとあったもので、長年の間の間にペンキで塗られていたものを元の木地まで削り、塗装しなおしてキッチンとリビングの空間を引き締める役割をもたせ、大きな空間に安定感をもたらしてくれています。

玄関は、大きな土間を生かし、雰囲気に合った建具をデザインしました。奥には茶室があり、この玄関から多くのお客様をお迎えしています。

<before>

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP