蔵の解体工事が始まりました③

雪です。会社の周りも凄いのですが、解体現場のある湯沢市はもっと降っております。
蔵が解体されてもそれで終わりではありません。

蔵単体で独立している場合は、土台を鳴らして終わりだったりします。
しかし家と連棟になっている場合は、蔵を壊した後、母屋側に外壁を作らなくてはいけません。

ブルーシートに覆われている部分が接続していたところになります。
ブルーシートでは寒いので、どんどん工事を進めたいところです。
湯沢市は雪が多いところですが、12月なのにすでに大寒あたりの積雪量・・・なかなか進みませんが引き続き工事は進みます。

関連記事

  1. ロビー
PAGE TOP