Q&A設計編

冬暖かく夏涼しい家に住みたいです。断熱材はどんなものがありますか?

種類としては主に3種類です。

名称 特徴(価格等)
繊維系断熱材 グラスウール ガラスが主原料なので燃えにくい 安価
ロックウール 赤面の一種で吸音効果もある
セルロースファイバー 古紙を主原料としているので調湿性に優れる
発砲プラスチック系断熱材


押出発泡ポリスチレン  水や湿気に強い。
ウレタンフォーム
断熱性に優れ濡れても性能の低下はしないが燃えやすい。
フェノールフォーム
耐火性や耐熱性に優れ、有毒ガスがほとんど出ない。
不燃・準不燃材料の認定が取れる。
天然素材 羊毛など 調湿効果に優れ、吸音効果もある。アレルギーの心配はないが、高価。

断熱材はその他硬質ウレタンフォームや、フォレストボード等、他にも種類があります。
価格や性能を考えながら断熱材を決定しています。


一般的な部屋の天井高さはどれくらいですか?

一般的な居室の高さは施工の有利性の観点から2.4mとしています。
建築基準法では2.1m以上を居室の高さとみなすと定義されています。


吹き抜けは寒くないですか?

かつての住宅では吹き抜けは寒いイメージがありますが、今の住宅設計においては家全体を魔法瓶のように断熱材で
包み込むように作るので昔のように寒くはありません。
精度の高い断熱材施工が必須です。
また、温まった空気は上部にたまりやすいので、部屋全体が温まるように空気を循環させることが重要です。


メンテナンスフリーの家が欲しいのですが、本当にメンテナンスは必要ないですか?

人間が健康診断をするように定期的な手入れは必要です。しかし、近年外装材等の性能は昔よりかなり上がっているので
昔よりは長持ちすると思います。

プロジェクト一覧

  1. 外観1

Facebook

PAGE TOP